フォトスタジオリーフ

Home > ビジネス> フォトスタジオリーフ

七五三は世田谷区喜多見の写真館フォトスタジオリーフへ


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

成城学園前となり世田谷区喜多見駅徒歩1分フォトスタジオ リーフ 七五三 成人式 入園入学写真 就職活動用証明写真など各種記念撮影と衣装レンタル、美容、着付けもできる写真館です。狛江市、川崎市、多摩区、調布からも多くご利用いただいております。

私は去年、成人式を迎えました。成人式に出席する際には、振袖はレンタルしようと思っていたのですが、なんと成人式の3カ月前に、遠方に住む祖母から、振袖一式が届いたのです。以前祖母と電話で話した際に、成人式の振袖はレンタルすることを話していました。そしてその時に、祖母から何色の振袖がよいのかなどを聞かれていたのです。その時にはまさか振袖を用意してもらえるとは思ってもいず、自分がレンタルしようと思っている色を祖母に伝えたことを覚えています。今回、祖母が送ってくれた振袖の色は、その時に私が答えた振袖の色でした。本当に涙が出るほどうれしかったです。本当は着ている姿を目の前で見せたかったのですが、遠方に住んでいるため、なかなかそういうわけにはいきません。そこで私は母親と相談して、世田谷の写真館で成人式の前撮りをしてもらうことに決めました。世田谷の写真館では着付けやヘアメイクもしてくれるということで、とても安心でした。さすが写真館ということで、背景の色なども、私の振袖の色に合わせて、一番良いものを選んでくれました。撮影中にも、一番よく見えるポーズを教えてくれたり、振袖の少しのヨレなども気にかけてもらえました。仕上がった写真は大満足で、祖母も喜んでいました。写真館でしっかりと撮影できて本当に良かったです。
PAGE TOP ↑